英語の暗記のコツや方法は?短期間で英単語をマスターするためには

英語の暗記のコツや方法は?短期間で英単語をマスターするためには

どうも、人生を上手く渡り歩いていくためのヨワタリ術を紹介しているまつをです。

今日は英語の勉強方法をご紹介します。

 

小学校から始まっている英語ですけれども、英語に苦手意識を感じたりしていませんか?

学年が進むにつれて、登場する単語も多く、どれがなんの意味なのかよくわからなくなることも多いと思います。

 

実際に、小学校から高校にかけて、英語を勉強していますが、身について使いこなせている人たちって本当にごくわずかしかいません。

そうなると、何のために学校の授業を受けているのか、よくわからなくなりますよね。

そこで、ここでは英語の暗記のコツや方法について紹介します。

 

どうして学校で英語を勉強しているのに使えるようにならないのか?

英語の暗記のコツや方法は?短期間で英単語をマスターするためには

そもそも、どうして学校で長い間勉強しているにも関わらず、英語を使いこなせていない人たちが多いのでしょうか?

 

ひょっとすると、「学校の先生の教え方が悪いから」って答えが返ってくるかもしれません。

 

ですが、そうではありません。

 

これは、人間の脳に原因があります

 

人間は、使わない知識を忘れてしまうようにできているのです

 

少し思い出していただきたいのですが、定期試験があるときには一生懸命テストで点をとるために頑張りますよね。

そのため、定期テストのときには、あなたが一生懸命勉強したことは記憶として脳の中に残っています。

しかし、定期テストが終わったあと、勉強しないことが多いですよね。

 

そうなると、その覚えた知識というのは使われていないと脳が判断して、他の新しい情報を頭の中に入れるために、不要な知識を消去してしまうのです。

 

このようなことから、英語というのはなかなか身につかないわけです。もちろん、定期テストを受けるときであれば、しっかりと頭に残っていますが、試験が終わると忘却してしまって、結局身につかないということになるわけです。

このようなこともあって、学校で長い間勉強していても英語は身につかなくなるのです。

 

こればかりは仕方ありません。

 

ですので、よく親や教師が言っている「毎日勉強しよう」というのは、その知識を頭に定着するうえでは必要不可欠なわけです。毎日使っていると脳もその知識が必要だと判断してくれますからね。

 

だったら、「こういうこと勉強して何の役に立つの?」って思われるかもしれません。

 

ただ、この答えに対する質問って言われても仕方ないわけです。学校の先生のお仕事は勉強を子供にして基本的な知識を勉強してもらう場所ですから、それ以上の答えは出てきません。

親としても「子供にいい学校に行って、就職してもらいたい」という思いがあるため、「勉強しなさい」というかもしれませんが、それに疑問を持ったとしても、答えられないわけです。

 

最低限度の力で英語をマスターするなら、短期間で「暗記」が大切!

英語の暗記のコツや方法は?短期間で英単語をマスターするためには

将来英語を使う人って本当にごくわずかでしょう。

なので、「こんな勉強して意味があるのか」って思うのは当然のことだと思います。

実際に、脳の仕組みからして、継続していないと身に付きませんからね。

 

ですので、将来英語を絶対にものにして、海外で働きたいなどの考えがなければ、「最低限の努力で定期テストや入試等の試験をこなす」ことが重要ですね。

 

そこで、ポイントになるのが英単語と例文の暗記です。

 

英語を将来使わないというのであれば、いかに短時間で英単語と例文を覚えることが出来るのかが大切になってきます。

少しでも自分の好きなことに時間を使うためにも、勉強の時間は最低限に絞りたいですよね。

 

仮にいざ英語を使うとなった場合でも、今回ご紹介する英単語と例文の暗記方法を理解していただければ、将来困るようなことはありませんので、チェックしてくださいね。

 

短期間で英単語と例文を暗記するコツや方法は?

英語の暗記のコツや方法は?短期間で英単語をマスターするためには

それでは、短期間で英単語と例文を暗記するコツや方法についてみていきましょう。

英単語や例文を暗記するコツとしては大きく二つあります。

  1. 覚えたいものと思い出をいっぱい作る
  2. 繰り返し行う

 

覚えたいものと思い出をいっぱい作る

彼氏や彼女と旅行に行ったり、夜にお酒を一緒に飲んだり、遊園地に行けば、より彼女と思い出が出来、忘れない記憶になりますよね。

英語では英単語や例文を覚えることが大切になりますが、恋愛と同じように、その英単語や例文とデートする回数を重ねることで、お相手の英単語や例文を頭の中に残すことが出来ます。

 

「はっ?なんで英語とデートしないといけないの?」

 

って思われるかもしれません。ちょっと引かれたかもしれません。

なのですが、英語と色んなことをしながら接触を増やすことで、その英単語や例文との思い出を作ることが出来ます。

 

彼氏や彼女とデートするとなった場合、毎回、遊園地に行くってことはないですよね。

それと同じように、英単語や例文に関しても、同じやり方ばかりで付き合っていると、あまり記憶に残らないのです。

 

具体的にどういうことなのかというと、「毎回ひたすら書いている」という覚え方ではあまりいい思い出は作れません。(つまり、覚えられないです)

ですので、「声に出して順番に読む」、「目で見る」、「英語を隠して、日本語から英語で言えるようにする」、「歩きながら読む」といったかんじで、色んな方法で英語とデートするわけです。

その際、頭に残そうと、意識しておくことが大切ですよ。

 

これが思い出を一杯作るという方法です。

 

繰り返し行う

二つ目に行うのは、繰り返し行うという方法です。

先ほど、脳というのものは使わない知識を忘却するとご説明しました。

なので、暗記のコツは「繰り返して行う」ということになります。

 

思い出をたくさん作るという方法をはじめに紹介しましたが、色んな行為を繰り返して行うことで、英語との愛は真に深まります。(愛が深まるというのは覚えられるってことです。)

 

使わない知識は忘却の彼方ですからね。

 

以上が英語の暗記のコツと方法です。

 

最低限度・短期間で英語を身に着けよう!

英語の暗記のコツや方法は?短期間で英単語をマスターするためには

基本はこの二つです。

  1. 覚えたいものと思い出をいっぱい作る
  2. 繰り返し行う

これを行うことで、定期テストや入学試験などで必要になる英単語を乗り越えることが出来ます。

 

ただし、試験では長文問題も出てきますので、初見の文章を読解する能力も必要になってきます。

その場合、単語や例文を覚えているだけだと、対応できないことが多いです。

ですので、単語や例文をある程度しっかりと覚えた後に、長文問題をいくつか練習してみる必要があります。

 

なのですが、英語は「英単語」と「基本的な文法が使われた例文」をしっかりと暗記しておくことが基本中の基本です。これをマスターしていない場合、長文を理解するのも難しくなりますので、注意が必要です。

逆に、この基本を押さえておけば、ある程度長文には対応できます。

 

あまり長い時間を使うのではなく、1日15分でもいいので、英単語との思い出を書いたり、見たり、聞いたりして作ってください。あとは、それを繰り返すことで試験にある程度対応することが出来ますよ。

短時間で効率よく確実に行うなら、1日の時間は少なくてもいいので、毎日繰り返して思い出を作るようにしてください。

 

ということで、英単語や例文の暗記のコツや方法についてでした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

関連記事がありません。